和カフェ『ふなば』の楓太さん

「僕、誰かにとっての『お稲荷さん』でいたいんだよね」

7 8

18分 (10,508文字)

あらすじ

卒論の題材を求めて岐阜の炎天下をさ迷っていた女子大生・小橋夢子(こばし・ゆめこ) あわや熱中症で行き倒れかという夢子を助けてくれたのは、伊奈波神社界隈で和カフェを営む美青年・稲波楓太(いなば・ふうた

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る