便利な掃除機

どんなに優秀な機械でも

8 80

SF 完結
3分 (1,669文字)
ゴミ違いだとかそう言う話は置いといて頂けるとありがたいです。

あらすじ

博士の発明した掃除機は自動で動き、指示されたゴミを何でも吸い込む優秀な掃除機だった。 だが、命令が正しくないと……。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る