つむじを暴かれる

1/1
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/12

つむじを暴かれる

 理髪師を、死神と表現していた本があった。 「不気味な黒い鋏を鈍く光らせながら、骸骨はひたすら人々の『つむじ』を暴く」 (クラフト・エヴィング商會『クラウド・コレクター』)  俺は、鏡に映る背後の男を眠気眼で眺めながら、頭の中ではその本の一節をぼんやり浮かべていた。  まさに今、俺はつむじを暴かれているようだ。
/12

最初のコメントを投稿しよう!