シャンプー、その後

1/1
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/12

シャンプー、その後

「では、シャンプーから始めますね!」  俺は田中くんに促され、後ろのシャンプー台へと移動し、座る。 「それでは倒しますねー」  背もたれを倒され、首のプロテクターの辺りにタオルを巻かれ、顔の上に白く薄い不織布が乗せられ、ブランケットをかけられる。  やはり、誰かの手でシャンプーをされるのは凄く気持ちいい。仕事疲れの影響か、これだけでも眠りについてしまいそうだった。 「かゆいところはこざいませんか?」 「大丈夫です」  お馴染みの質問のあと、すすぎにうつる。何だか名残惜しい。 「起こしますねー」  タオルドライをされ、顔の不織布を取られると同時に背もたれを起こされる。ちょうど、視線の先にカウンターが入る。店長はカウンターで何かの書類を書いていた。 「では、こちらにお願いします」  再び田中くんに促され、鏡前に座る。 「すみません、クロスを巻きますので、プロテクター外していただいても…?」  田中くんに恐る恐る言われ、再び緊張が走る。いよいよか…と覚悟を決めていたら変な間が空いてしまい、俺は「すいません」と謝りながら首のプロテクターに手をかけた。深呼吸する。指紋認証式のロックに触れると、パチッと金具が外れる。恐る恐るそれを首から剥がし、外したそれは鏡のすぐ下の棚にそっと置いた。公の場でこんな首がスースーするのは違和感があり、俺は思わず肩を縮めた。ふと鏡越しにカウンターの方を向くと、店長が頬杖をつき、こちらを見つめているのがみえた。俺は何事もなかったように視線をそらす。 「…失礼しますね。少し顔上げてもらってもいいですか?」  田中くんに言われるまま、背筋を伸ばして顔を上げると、プロテクターをしてた位置よりも下にクロスを巻かれ、その上からよだれ掛けのような分厚い布を巻かれた。 「きつくないですか?」 「大丈夫です」 「では、始めますね。よろしくお願いします」  いよいよ、カットが始まる。
/12

最初のコメントを投稿しよう!