学園のヘタレ

1/13
3275人が本棚に入れています
本棚に追加
/170

学園のヘタレ

 へたれとは、臆病や情けない様の人物を俗語とした言葉である。本作の主人公である、レイト・リースはシュバイツ魔法学園で一番のへたれと名高い男である。勉学も実技も下から数えた方がいつも早いと言われる。そんな彼は、今日も虐めの標的として学園裏の誰も近寄る事がない場所で金銭を要求されていた。 「レイトくーん。今日も恵まれない俺達に少しお小遣いくれないかなぁ?」 「き、昨日もお金を渡したばかりで無いですよ……!」  レイトは三人の男子生徒から逃げられないように囲まれていた。その中のリーダー格であるベイルが彼の胸ぐらを掴む。 「あぁっ!? てめえ、ふざけてんじゃねーぞ? 昨日渡したから今日は無いなんて、わけわからねえ事言ってんじゃねえぞ、オラ!」  彼の拳が、レイトの鳩尾へと吸い込まれるように入る。レイトは跪くように崩れ落ちると、何度も辛そうに咳をした。それでも、彼はその蹲って(うずくま)いるレイトに蹴りを入れた。 「おいおい、ベイル。そこら辺にしとけって。下手したら死んじまうぞ」  そう言ったのは、いつもベイルと行動を共にする彼の幼馴染であるカイト。彼もまたレイトを虐める三人のうちの一人である。 「死んだって誰も悲しんだりなんてしねえよ。こんなへたれの屑野郎は、この世に必要ねえんだからよ!」 「ううっ……」 レイトは苦しいといった声を上げた。そこでようやくベイルが止まった。蹲る彼の黒い髪の毛を引っ張り上げると、彼の顔へと唾を吐きかける。 「明日は持ってこいよ? わかったな?」 「分かり……ました」  そこでようやくレイトは解放される。ベイルは二人を連れて彼を置き去りにし、その場を後にした。彼らの魔力が遠ざかった事を確認するとレイトは今まで苦しんでいた事が嘘のように立ち上がる。 「ったく、好き勝手やってくれるねえ……。相変わらず」  制服についた埃と、顔に吐きかけられた唾をハンカチで拭いポケットへと仕舞う。そう、彼は痛みなど全く感じていなかったのだ。あれはあくまで彼らが大人しく去るようにする為の演技に過ぎない。 「レイト様」 「ん、ルーナか」 「あの三人、幾ら何でもやりすぎなのでは?」 「別に痛くないから問題ないさ。逆に他の奴らが標的にされる方が俺としては面倒だからな」  蹲る演技をした際に落ちた眼鏡を拾い上げてそれを掛ける。そんな彼に対して、ルーナは明らかに怒っているように見えた。 「そんな怒るな」 「彼らはあなたがこの世界を救った人間だと知らないから、あんな行いをするのです。一度、然るべき報いを……」 「落ち着け。俺が世界を救ったのはたまたまだ。俺が気に入らなかった、それだけの理由なんだからな」 「あなたはいつもそうです。それだけの力を持っていながら何故今の地位に甘んじているのですか?」 「地位なんて興味ないしな。それに俺はまだ学園に通う生徒の一人だ」  眼鏡をかけながらレイトは言った。ルーナは一度ため息をつくと彼に封筒を見せる。 「また昇進の話か?」 「あなたは既に我がギルドの顔なのです。あなたが上の立場になる事を誰もが望んでいます。あなたの元で働きたいと沢山の者達が集っています」 「面倒なんだよな、そういうの……」 「そろそろ、学園はいいのではないですか? あなたはこんな学園にいるべき器ではありません。あなたには世界最強の名を欲しいままに出来るだけの力があるんです」 ーー黒狼(こくろう)のリースーー  いつの日からか、そう呼ばれるようになっていた。漆黒の髪を揺らしながら、気高く相手を正面からねじ伏せる。彼の持つ力は強大ゆえに大国を一人でも落とせるとさえ言われている。しかし、彼はその力を欲のままに使う事はない。  本人は気まぐれだと言うが、少なくとも力の使い方を知っているのだと周りは評価する。彼は私利私欲の為に力を使う事を極端に嫌がるのだ。あくまでも心が動かされた時にのみ、その力を発揮するらしい。そうした結果、彼は当時世界最強の力を持ち、世界の災厄と言われた魔王を単騎で滅ぼした。  そこから彼の名は世界に轟く事になる筈だった。しかし、それを彼は許さなかったのだ。所属しているギルド【レイトルバーン】の手柄にするようにして、彼の名では無くギルドの名が世界に轟く事となった。 彼は本来、普通の魔法学園に通い卒業するという目的があり、それを達成する為に現在シュバイツ魔法学園の二年生として目立たず学園生活を送っている一人の少年である。 6ec5b623-c42c-4da8-a4db-64b3f638ac39 【レイト・リース】画 SF様
/170

最初のコメントを投稿しよう!