第三章

12/14
879人が本棚に入れています
本棚に追加
/46ページ
 清宮の部屋に着くと、俺の躰はソファに下ろされた。 「ハジメ、そこに座りな」  篠原はまるで何かに取り憑かれた様に黙って指示に従い、俺の横を一つ開けてソファに座った。 「腕、後ろに回して」 「え…」 「この首輪、お前に返してやるよ」 「ちょっ!」  抵抗を見せた篠原だったけど、呆気なくその腕は後ろで拘束された。あの、漆黒の首輪によって。 「伊沢くん。床に膝ついて、後ろ向いて?」 「ん…」  まだ中途半端にswitchがかかったままの俺は、とろんとした意識のまま清宮に従う。ソファの上で躰を反対に向けると、清宮はボタンが外れたままの俺のデニムを一気に膝上まで脱がした。粘ついた下着は、デニムと一緒に脱げてしまった。 「この子が誰のモノか、そこで指咥えて見てな」 「あっ、はっ、あァあ"ぁ"アッ!」  その言葉を誰に向けて言ったのか、俺が理解するよりも早く清宮が俺の中へと侵入する。  入口をぐちぐちと指で弄られていただけのそこは、多少キツくはあるがそれでも清宮を根元までしっかり飲み込んだ。 「伊沢くん、こっち見て?」  ソファにしがみついていた両手を剥がされる。天井を仰ぐように首を傾けると、清宮がそれを覗き込んだ。 「switch、解くよ」  その瞬間、躰に纏わりついていた重いものがスっと消えてなくなった。狭くなっていた視界も普通に戻る。その中で残されたのは、狂ってしまいそうな程の熱と清宮への、欲望。 「今からするのはプレイじゃない。それだけ…理解して」 「あっ、ああ"ぁ"あ、熱っ…ンあッ」
/46ページ

最初のコメントを投稿しよう!