空虚

1/4
66人が本棚に入れています
本棚に追加
/21

空虚

柊は人の気配のしない、シンとした部屋で目を覚ました。 「......居ないか」 1日経ったときは、毎日会っても飽きるよな、と思った。 2日経ったときは、(うち)までの道忘れたのかよ、と思った。 5日経ったときは、なんかあったのかも、と思った。 1週間経った今は、早く会いたかった。 1日がすごく遅く感じる。一人暮らしは大学入学と同時に始めたし、夏休みの今はバイトだってしてる。 いつもと変わらない毎日なはずなのに。 アイツと会ってから、アイツのことばっか頭に残った。 アイツが危なっかしいから?ほっとけないから? きっと今の自分の気持ちはそれだけじゃない。 アイツの笑顔が見たい。軽く笑ってバカなことを言われて、バカかよって返したい。 そして、アイツのことが知りたい。お前は誰なんだよ、って聞きたい。 「はやく...顔出せよ......」 部屋で独り落ち込んでるのも(しょう)じゃない柊は、紺に会うために勢いよく部屋を飛び出していった。
/21

最初のコメントを投稿しよう!