母からのメッセージ

人混みの中でプロポーズした両親。亡くなった母からの最後のメッセージも同じ場所でした

33 241

14分 (7,967文字)
超・妄想コンテスト『人ごみ』の応募作です

あらすじ

渋谷の大混雑する人混みの中でプロポーズした俺。何とか美羽のOKを貰った俺は娘の結衣に恵まれ、幸せな日々を送っていた。 突然、ママの美羽が亡くなり、塞ぎ込む結衣。そんな時、天国のママからメッセージが届き

タグ

感想・レビュー 2

覚悟の在りよう

昔、私の遠い親戚の叔母が「どうも最期が近いだろう」という時に、自分の子供を呼んで「お茶碗を20個ほど買っておくように」と言付けたそうです。 子供は不思議に思い「何で突然、お茶碗を?」と聞き返したところ

ラストメッセージ

もし、子供がいる人が、事故にあったり、病気になった時に気にかけるのは、自分の身体はもちろんですが、子供がどうなるんだろうということです。 ましてや、命に関わるような場合、子供の行く末を見守れないことに

その他情報

公開日 2019/8/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る