1/4
131人が本棚に入れています
本棚に追加
/32

「最近、春野くん来なくなっちゃいましたねぇ」  ドアが開くたびに、ぱっと顔を輝かせてあからさまに落胆する、ということを繰り返していた相原が、昼休み終了五分前になってとうとう口に出した。  準備室には相原のほかに自分しかいなかったので、しかたなく真尋は返事をした。 「友達でもできたんじゃないですか」 「そんなこと言って、新崎先生寂しいんでしょ?」 「そんなことないですよ」  そんなことはない。本心から真尋は言った。それが正常なはずだ。いじめられているわけでもないのだから、昼休みは友達と過ごしたらいい。  そうして兄離れすればいい。もう夏だ。高校一年生の夏休みなんて、楽しいことしかねぇだろ。せいぜい青春楽しめよ。  俺の高一の夏なんて――……。  あらぬことを思い出しそうになって、真尋は心底自分にうんざりとした。記憶の蓋を開ければ、悲しいくらいに自分のなかの思い出は憂一色だ。  真尋のかわいい天使じゃなくなってからも、ずっと。  ――真尋、夏休み一緒にたくさん遊ぼうな。  あのころの憂は、真尋のことを「お兄ちゃん」とは呼ばなくなっていた。無垢な愛らしさは消えて、小生意気なことばかりを言うようになっていた。でも、まぁ、かわいかったけどな。  ほかの誰が真尋のことをどう評そうが、憂だけは真尋のことを好きだと言った。特別だと言った。  その程度のことと言われるかもしれないが、真尋にとってはたいしたことだった。
/32

最初のコメントを投稿しよう!