紙の子供たちはみなキョドる

美貌の女性作家と、小説家を目指す高校生の師弟物語

18 138

2時間1分 (72,439文字)
愛とは、 「社会的に容認された狂気」 である

あらすじ

早熟の天才作家によれば、 愛とは、 「社会的に容認された狂気」 であるらしい。 狂気? それとも、凶器? よくワカンナイケド。 とりあえず、 先生の言葉は、 凶器だと思ってます。

この作品に含まれるキーワード

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る