夜は呼ばれて

煌めく夜の海に吸い込まれた、私たちの孤独のすべて

1 7

雰囲気を重視した作品です。

概要・あらすじ

作者: 遥人
恋愛 完結
2分 (788文字)
さざなみはなにかを伝えようとして砂浜を行き来している。 夜に浮かんだ海に映る、月だけが世界の輪郭を知っていた。 波の欠片が時おり光に煌めいて、孤独に生きる宝石のことを思う。 遠く離れゆくあなたに、言

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

胸に残る言葉が印象的なショートストーリー

言葉選びや、雰囲気が幻想的。演出されている舞台をイメージすると、まるでおとぎ話のような世界観。ですが、ストーリー自体は哀しく、日常の中である人の別れと思いがしっかりと書き込まれています。

その他情報

公開日 2019/8/18

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る