ボクというカラス

「そうそう、君に話しかけたんだよ。カラスくん」言葉をかわせない、一羽のカラスと一人の少女の切ないファンタジー系ストーリー

2 5

35分 (20,437文字)
ちょいちょいね。ミスがね。ありますね。(ミカの苗字とか…誤字とか…)随時、修正していきます。

あらすじ

 その女の子と出会ったのは、いつもより少し早い朝の時間帯に、公園の近くを歩いていたときだった。 「おはよう」  急に声をかけられて、驚いたボクは女の子のほうを向いた。  本当にボクに話しかけてきたのか

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る