G線上のマリア

突然鳴らされた不協和音は誰の心に届くこともなく、音楽室の隅に泡沫と消えた。

16 209

青春 完結
6分 (3,274文字)
はじめて三人称でお話しを書いてみました。

あらすじ

マリアはひとり、ピアノを弾き続ける。 敏感過ぎる指先で、見え過ぎる目から涙を零しながら。 せめてこの旋律だけは、人ごみの機微に埋まってくれることを願いながら。

この作品に含まれるキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る