僕は流星を見た

君がいるのは当たり前だったはずなのに、

0 4

3分 (1,523文字)
男子高校生の、しんみりとした友情(と友情以上のはざま?)です。

あらすじ

君と笑って、話して、月明かりの下を帰って。 そんな日常がずっとずっと、つづくと思っていたのに。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る