本当の父親

1/3
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/13

本当の父親

「ただ今ー」 サッカー部の活動を終えて帰ってきた大智の声が、静まり返ったリビングに響いた。今年で中学二年生。あの時の智菜とほぼ変わらない年に成長していた。 ドスドスと28センチの足で騒々しく歩いてくる。何も知らない息子は部屋の戸を開けた。 「あ? 何」 漂う異様な空気に気づいて、大智は素っ頓狂な声を上げた。妻が立ち上がり、大智を追い出しながら自分も外に出る。事情を説明しているようだ。 母親という味方を失い、智菜は決まり悪そうに俯いた。隣に座るのはヒョロヒョロした身長ばかりある男。身につけたスーツにむしろ着られていた。 智菜は30歳。この男は25歳。 先程真っ青な顔で勇気を振り絞って「智菜さんを僕にください」と頭を下げてきた。 「お父さん、誠一さんはいつも本当に私のこと考えてくれてるの」 唐突に智菜が顔を上げた。 俺を責めるような目つきは相変わらずだ。その物言いにカチンときた。俺とこのヒョロヒョロを秤にかけて、まるで俺が智菜のことを考えてこなかったような、責められているような気持ちになった。 「仕事のことが気に入らないの? 私だって働くし、今の時代は一人じゃ生計立てるのは無理よ」 智菜が弁護する。 彼氏はパートタイムで働きながら、絵を描いているのだという。 大学の講師から「才能がある」とお墨付きをもらったそうだ。
/13

最初のコメントを投稿しよう!