モダン・タイムス・ファントム2~真夜中の契約者~

1/2
48人が本棚に入れています
本棚に追加
/161
 自分の弱みをさらけ出すなら、誰も自分のことを知らない者がいい。言葉が通じない外国人、ひと目見ることも叶わないであろう石油王、宇宙人。悪魔でもいい。 「面接が苦手で、経歴は問題ないはずなのに今月だけで5社落とされてしまいました。このままではどんどん希望条件からも遠ざかってしまいます。なんのために働きたいのかわからなくなってきました」 「真面目な」  血を吐くように惨状を述べる青年に、相対する男は抑揚なく、感心した。 「その若さで5社落ちまくりとは、よほど面接が苦手とみえる。ご家族には相談したかな?」 「できないですよ。心配かけたくないので。こちらに伺ったのも家から遠いからです」 「ふむふむ、そうか。で、きみはどうしたい? 最終目標として、面接に上手くなりたいのか、理想の会社で働きたいのか」 「ええっと……」 「上手くなると言っても、面接なんてそう何度も使うスキルではなかろうよ。面接をする状況を作らなければ良いのだから。つまりきみに大事なのは骨を埋めるべき楽しい職場。そうじゃないか」 「はい──はい!」  青年の瞳に生気がみなぎった。男は髭のくっついた顎を広げてにやついた。 「オッケイ決まりだ。私の手にかかりゃ容易いものさ。とりあえず登録だけして貰うから、ここに署名と印鑑を頂けるかね」  勢いよく入会用紙を引き寄せた青年が、ペンを持ち上げた状態で動きを止めた。
/161

最初のコメントを投稿しよう!