パンダの予言

1/18
375人が本棚に入れています
本棚に追加
/204

パンダの予言

     七月が走って校門を出たとき、 「七月ちゃーん」 と何処からともなく、自分を呼ぶ声がした。  反対車線にとまっている車から誰かが車から手を振っている。  味も素っ気もない感じの白い車だ。  視力が悪いのでよく見えないが、声から察するに窓から覗いているのは、どうやら隆彦のようだった。 「どうしたのー?  何か事件ー?」 と声を張り上げ、訊いてみたが、 「そうそうこの辺りで事件もないよ」 と隆彦は笑う。 「一人?」 と訊かれ、このまま叫び合って話してるのもなんだなと思い、七月は左右を見て、車道を渡った。 「一人といえば、一人よ」  そんな曖昧な答え方をすると、なにそれ、と隆彦は笑う。 「いや。  今、()いてきたのよ、送って帰るって奴らを」 「えっ? 大丈夫?  ストーカー?」 「いや、親切な人たち」  隆彦はますますわからなくなったらしく、小首を傾げていた。  そのとき、校舎から出てくる三橋たちの姿が見えた。 「隆ちゃん、今、仕事中?」 とそちらを見ながら七月は訊く。
/204

最初のコメントを投稿しよう!