呼び声

一人仏壇の前で妻の死を悼んでいた男の心を救ったものとは――?

4 48

4分 (1,813文字)
暗めのお話ではありますが、一応救いはあるつもりです。妄想コンテスト【あの子がいなくなった】用に上げました。

あらすじ

一人仏壇の前で妻の死を悼んでいた男の心を救ったものとは――? 十数年前、私が一人で母の死を悼んで泣いていたとき、今は亡き我が家の愛犬がこんな風にして慰めてくれたことがあります。 それを思い出して書

シリーズタグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る