1/17
67人が本棚に入れています
本棚に追加
/125

「あの、此処ってお祓いとかしてくれる所なんですか?」  店に入るなりそう言って来た小太りの男は、まるでフルマラソンでも行った後の様にしっびりと汗をかいてた。 「いえいえ、御覧の通りの骨董品屋です。何か買って行かれますか?」  奥に居た男は本からこちらに向き直ると店主か店員か解らなかったが、にこやかで清々しく色気の様なものを感じさせながらそう答えた。 「そうですか、すみません。では他を当たってみます」 「まぁまぁ、暑いですので良かったらこれでも」  男はそう言いながら、折るタイプのアイスの片割れを手渡した。もう片方は既に口の中に入って居る所を見ると自分一人で一本は食べたく無かったのかも知れない。 「どうも、ありがとうございます」  そう言いながら、呆けた顔でアイスを口に運んだ。同性に興味など無い小太り男だったが、咥えたままのアイスの水滴が喉に伝い熱で曇った眼鏡を拭くさまは、何かおかしな感情の間違いが起こりそうでもあった。
/125

最初のコメントを投稿しよう!