1.

1/1
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

1.

 きょうも朝からセミがないています。  ジージージー  まつの木にとまっている、ちゃいろいはねのアブラゼミです。  きょうこそつかまえるぞと、さらちゃんはアミをもち上げました。 「さらちゃん、はやくよういして」  おかあさんがうしろで大きな声を出したので、セミはおしっこをピッとして、とんでいってしまいました。 「あーあ、もうちょっとやったのに」  さらちゃんは、口をとがらせました。 「セミなら、山のおうちに、ぎょうさんいるって」 「ぎょうさん?」 「うじゃうじゃいるってことや」  きょうはおぼんなので、おばあちゃんちにおとまりです。  くるまは、山のふもとでとまりました。  いえのまえに、おばあちゃんがいます。 「こんにちは!」  さらちゃんとおとうとのしょうごくんがあいさつすると、おばあちゃんは目をほそめました。 「よおきたのお。大きいなった。大きいなった」    げんかんのおもい戸をうんしょと力をこめてあけます。  ひろいげんかんにはいると、しょうごくんとはしりまわれそうな、広いいたのまがあります。 「なんなはんと、大きいおばあちゃんにもこんにちはっていうてきね(言ってきなさい)」  おばあちゃんにいわれて、ざしきにはいると、目のまえがまっくらになりました。しばらく、まばたきしていると、また見えるようになりました。 「なんなはん」は、ほとけさまのことです。  ざしきのおくに大きなおぶつだんがあり、とびらがあいています。  おかあさんがすわって、手をあわせています。  さらちゃんとしょうごくんは、そのとなりにすわり、小さな手をあわせました。
/6

最初のコメントを投稿しよう!