2.

1/1
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

2.

 大きいおばあちゃんは、ちょこんといすにすわっていました。  さらちゃんを見ると、しつもんがはじまりました。 「わたし、どこの子やの」  さらちゃんは、ふうといきをはきました。  またわすれたんやな、とおもいました。 「ふくいのかとうさんちの子。なまえは、さらっていうんだよ」 「ほうか、ほうか。いくつやの」 「7さい。小学校の1ねんせい」 「ほうか、ほうか。よおきたのお」  大きいおばあちゃんの目は、わらうとしわの中にかくれてしまいます。 「わたし、どこの子やの」  また、さっきのしつもんです。 「ふくいのかとうさんちの子。さらだよ」  大きいおばあちゃんは、あやちゃんの手をとると、かさかさした手でなでました。  さらちゃんの手より、すこし大きいくらいの手です。こうに、ちゃいろいしみがてんてんとありました。 「わたしの手ぇは、すべすべやのお。わたし、どこの子やの」  さらちゃんは、すこしこまりました。  でもおかあさんがいってたことをおもい出しました。  大きいおばあちゃんのわすれんぼうは、びょうきやからしかたがないんやって。何べんもおんなじこときくかもしれんけど、おこらんと、何べんもおんなじことこたえてあげてねって。 「ふくいのかとうさんちの子。さらだよ」 「ほうか、ほうか。よおきたのお」  大きいおばあちゃんの目は、またかくれてしまいました。
/6

最初のコメントを投稿しよう!