3.

1/1
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

3.

「おねえちゃーん。セミつかまえてー」  げんかんで、しょうごくんがよんでいます。 「おばあちゃん、そとにいってくるからね」  さらちゃんはそういうと、あみをもってむかいました。  そとに出ると、かだんのそばにアブラゼミがいました。  そこなら、すぐにつかまえられそうです。  さらちゃんは、そっとちかづいて、すばやくあみをかぶせました。  セミはあわてたように、ジジッジジッとなき、はねをばたばたさせてとびまわっています。 「やったあ! おねえちゃん、やったね」 「うん、しょうちゃん、かごもってきて」  さらちゃんはアミの中に手をいれて、セミをつかみました。  セミは足をわさわさとうごかして、おなかをブブッとふるわせました。    しょうごくんがどたどたとはしってきて、かごをさし出しました。  あとから、おかあさんもきました。 「あら、ほんとや。でもよおく見たら、にがしてあげての。セミは長いこと土の中にいて、そとに出たら、ちょっとしか生きられんの。そのあいだに、およめさんをさがさなあかんのよ」 「うん、わかった」    さらちゃんとしょうごくんは、かごの中のセミをのぞきこみました。  すきとおったちゃいろのはねに、くろいすじでもようがあります。  小さい目は、こげちゃいろのビーズみたいです。    もうちょっと見ていたいな。  やっとつかまえたのにな。  しょうごくんがよこから、見せて見せてというのもかまいません。  さらちゃんはかごにかおをちかづけて、ながめていました。
/6

最初のコメントを投稿しよう!