4.

1/1
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

4.

 しばらくして、いとこのおにいちゃんたちがやってきました。さとしくんとゆうまくんです。 「みんなあつまったで、おはかまいりいってこおっさ(行ってこよう)」  おばあちゃんがおせんこうとろうそくをもってきました。  バケツの中には、お花がはいっています。それは、おばあちゃんがにわでそだてたお花です。赤いけいとうや、きいろのひゃくにちそうや、マリーゴールド、あかむらさきのせんにちこうがありました。 「さらもつんでいく」 「あら、いまからつんだかって、すぐしおれてしまうよ」  おかあさんがあわてていうのをおばあちゃんがとめました。 「いいわの。どれでもすきなのつみねの。ごせんぞさんかって、さらちゃんがつんできてくれたら、うれしいわの」  さらちゃんはぐるりとみまわし、せのたかいうすむらさきいろの花をみつけました。 「あれにする」 「どれ?」  さとしくんは、さらちゃんがゆびさした花のところにいくと、くきのとちゅうをもって、ひきよせてくれました。さらちゃんはおじぎをした花をぽきんとおりました。 「これ、何ていうお花?」  まん中がきいろくて、うすむらさきいろのほそい花びらが何まいもついています。 「それは、しおんていうんよ」  おかあさんがおしえてくれました。  みんなでぞろぞろとさかをくだり、おばあちゃんちのおはかにいきました。 「こんなにあついと、お花もすぐかれてまうのお(枯れてしまうね)」  花いれの水をかえると、もってきた花にかえました。  さらちゃんもしおんの花をいれました。  ホースの水は、いつまでたってもおゆのようです。 「ごせんぞさま、ごめんなさい。つめたい水でないけど、かんにんしてくださいね」  おはかのまわりに水をかけました。  みんなでならんで、手をあわせました。  さらちゃんはうす目をあけて、おかあさんを見てみました。何か、ぶつぶついっているみたいです。 「何て、いうてるの? おねがいごとしてるの?」 「なあも。ごせんぞさまのおかげで、みんなげんきですよって、おしらせしてるんやよ」  さらちゃんは、ぽかんとしたかおをしています。 「どうしたん? さらちゃんへんなかおして」 「ごせんぞさまって、おぶつだんやら、おはかの中で何してるのん」  おばあちゃんは、ふふふとわらいました。 「なあも。そうやなあ。ごせんぞさまにしんぱいかけんように、みんなしっかりせえなあかんなあ。ゆっくりねていられんからね」 「え? おはかの中でねてるのん?」  さらちゃんは、こんどはびっくりしたかおをしています。 「おばけになって、出てきたら、いややろ?」  ゆうまくんが、おどろかすように、にやっとわらいます。  さらちゃんとしょうごくんは、いやあといいながら、さかをのぼっていきました。  
/6

最初のコメントを投稿しよう!