プロローグ

1/1
2830人が本棚に入れています
本棚に追加
/300ページ

プロローグ

藤波家の玄関引き戸が、いつもと変わらない年季の入った音を立てる。 家の中はシンと静まり、物音ひとつない。 今はもう、「おかえりなさい」と彼を出迎えるものはいない。 家の中に入り、もう一度ガラガラガラと重たい音を立てる戸を引く。カタリと最後の音を立て戸が閉まった。 涼しげな瞳は何かを探すこともなく、薄い唇が「ただいま」という言葉をつむぐこともない。 それは彼にとって、当たり前の日常のひとコマ。それを坦々とこなすだけ。 そうやってこれまでここで暮らしてきた。 これからもここでひっそりと、一人で暮らしていくのだ。 暗闇と静寂だけが彼を迎える家で。これからずっと。 そう思っていた。 彼女と出逢うまでは―――
/300ページ

最初のコメントを投稿しよう!