祭囃子を追いかけて

鎌倉の小さな町にも代々引き継がれてきたお祭りがある。この町に生まれ育った子供達はその使命を必然的に帯びている。

7 30

2時間8分 (76,256文字)
もうずいぶん前の拙稿です。出版社の担当に面白い、おふくろにも読ませたけどやはり面白いと言われたのが嬉しかった。

あらすじ

鎌倉の小さな町に四百年続く例大祭がある。戦時中の一時期には中断されたが町の復興と共に再開されずっと続けられている。その小さな町に生まれ育った子ども等は必然的にこれを継いで行かなければならない。選択肢は

読者の感情

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る