昭和よいまちぐさ ー 小さなくにの小さな小さな年代記

禁断の愛を胸に収め、愛する「わが子」の生みの親を求めるが、名を成した実母が殺人を犯していたとは・・・

0 0

恋愛 完結
4時間34分 (164,257文字)

あらすじ

1930年代世界大戦前夜。 麻穂呂の「母」利茂世は昔婦人雑誌の表紙のモデルになった程の美しさで麻穂呂の幼時、少年時代は、すべてその「母」と共にあった。 麻穂呂は歌舞伎役者坂上菊三郎とロシアの亡命バレ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/18

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る