Episode1・ゼロス、はじめてのおつかい

1/83
1141人が本棚に入れています
本棚に追加
/83

Episode1・ゼロス、はじめてのおつかい

「ななじゅうさーん、ななじゅうよーん、ななじゅうごー、ななじゅうろーく」  神殿に響く子どもの声。  その名はゼロス。冥界の玉座にちょこんと座り、小さな指を立てて数をかぞえている。  楽しそうに数えていたけれど、「あれ? あれ?」と途中で分からなくなってしまったようです。 「七十七、ですよ」 「ななじゅうなな!」 「そう、七十七です。どうぞ、続けてください」  そう言って笑いかけると、ゼロスはニコリと笑ってまた数をかぞえだす。  私は冥王の玉座の前で膝をついて座り、数をかぞえるゼロスを見つめます。  ゼロスが初めて冥界の玉座に座ったのは二年前。  二年前、冥界は創世し、ゼロスは戴冠して正式に冥王になりました。冥王戴冠では多くの困難に見舞われましたが、それを乗り越え、魔界、人間界、精霊界、冥界という四界時代を迎えたのです。  現在、ゼロスは三歳ほどの子どもになりました。  二年前は本当に赤ん坊で、ちゅちゅちゅと指を吸っては「あぶぅ」としか喋れず、ハイハイで動き回っていたのです。それが今ではつたないながらも言葉を話し、元気に駆け回っている。  それは同じ四界の王である勇者イスラの成長に比べるととてものんびりした成長ですが、それは冥界に成長を急がされていないということ。ゼロスの冥界は創世期ながらとても安定しているということでしょう。  ゼロスは魔界生まれ魔界育ち。今も魔界で暮らしている冥王ですが、安定した創世期を持続させる為に二年前から定期的に冥王の玉座に座りに来ているのです。 「きゅうじゅうはーち、きゅうじゅうきゅう、ひゃーっく! ブレイラ、ひゃくまでかぞえたよ!」 「よく出来ました。上手に百まで数えられるようになりましたね」 「ぼくね、ちゃんと、おべんきょうしてるの」 「お利口です。ご褒美に魔界へ帰ったらゼロスの好きなお菓子を焼いてあげますよ」 「やった! クッキーもつくって?」 「いいですよ。たくさん焼いてあげますね」 「ありがとう! ブレイラの、だいすき!」  玉座でゼロスが両手をあげてはしゃぎだす。  待ちきれないといわんばかりの様子。とても素直なゼロスに目を細めました。 「ねぇ、ここから、おりていい?」 「さっきの百で丁度五分経ちましたね。いいですよ」 「うん!」  ぴょんっと玉座から飛び降りて、広い神殿を駆け回る。  たった五分。されど五分。まだ幼いゼロスにとっては五分間座っているだけというのは退屈のようです。  でも、これでもだいぶ我慢ができるようになったのです。  玉座に座り始めた赤ん坊の頃はじっとしていられずに、絵本やおもちゃやお菓子を持ち込んだりして、あの手この手で五分間を過ごしていました。それが今では数をかぞえたり、私としりとりをして過ごすようになって、とてもお利口ですよ。
/83

最初のコメントを投稿しよう!