つつじの海

ピンクの圧倒的な花の海の中で、私は運命の少年と出会った。

あかつき草子

14分 (8,000文字)
運命の人って信じますか?

28 379

あらすじ

小学2年のさきは、つつじ祭りの会場で迷子になり、近くにいた少年と出会う。 crazy’s7さんが、「ブラボー」な作品として、紹介してくれました!(以下、紹介文) 「何が凄いって『運命』というものの在

感想・レビュー 3

メンションと重複してしまいますがこちらにも!

とても美しい文体に、引き込まれるように一気に読みました! つつじを海、と表する美的センスにゾクゾクしました! そしてラストのあの展開! そうきたのね!といい意味で驚かされました!❤️
1件2件

つつじの妖精が魅せてくれた奇跡

つつじの表現が秀逸。 そんなに高いところに咲いているつつじを拝見したことがないので新鮮でした。 どうしてヒロインはあの場所を知らないんだろう……。 なかなかそれが分からず、ページを捲る手が止まりませ
1件8件

夢のとこがすげえいい

女の子が、会えない男の子に 夢で会いたい夢で会いたいと願う。 そこがすげえ好きだ。 おれも会えないけど好きな女の子に、たまに夢で会う。めちゃくちゃ切ない。 大人になってから会えた。あのシーンも、いい
8件

この作者の作品

もっと見る