暗殺依頼

1/75
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/88

暗殺依頼

お江戸在住の傾城・明姫(あかるひめ)を暗殺してほしい。 そんな依頼が相馬家に飛び込んできたのは、壱真が小学校卒業を間近に控えた寒気が厳しい最中。 卒業式に着用するのが慣例となっている中学校の制服を早めに揃えて、ああだこうだと言っているような頃だった。 「社長、こんなものが届いていたのですが」 この物騒な案件は、壱真の祖父にあたる相馬玄馬から展開していく。 「うん?」 玄馬は札幌にある経営コンサルタント会社の代表を現役で務めている傑物で、正孝の父親である秘書の和泉正宗から一通の封書を受け取っていた。 手書きですら少なくなった昨今では珍しい毛筆の宛名書きながらも、料金分の切手にかぶせて消印が押されているので通常の郵便物の範囲内だ。 封筒が赤いので、仕分けする時にさぞかし目立ったことだろうとの感想が浮かべど、違和感といえばそれくらい。 気配り上手の正宗が時間外に手渡しに来るというのが、妙といえば妙だった。
/88

最初のコメントを投稿しよう!