01 聡流と明美 その1

1/1
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

01 聡流と明美 その1

「サトくんさ、前に比べて砂糖の数減ったよね」 「えっ、そうですか?」 「減った、減った」  聡流(さとる)が角砂糖をコーヒーに投じて何の気なしにかき混ぜていると、そんな言葉を出し抜けにかけられ戸惑った。テーブルに肘をつき楽しそうにこちらを眺めてくる明美(あけみ)の視線に、聡流はほんのちょっとだけ照れくさくなる。 「初めて会った時、今の倍ぐらい入れてたよ」 「……大人になったってことですかね」 「あのね、そういうことは自分でお金出せるようになってから言いなさい?」 「はーい」  気のない返事をしつつも、聡流は心の何処かに小さな痛みを覚える。  それは五月の中頃のこと。関東地方にある、とある全国チェーンの喫茶店内で、黒淵聡流(くろぶちさとる)は顔馴染の女性・白山明美(しろやまあけみ)と二人きりで窓際の座席に腰掛けていた。  ビックリするぐらいよく晴れた日である。すぐ外には、一定間隔で落葉樹の植栽されたある種のウッドデッキが広がって、道行く人の姿で彩られていた。よくよく見れば、テレビドラマなどでよく映るロケーションだった。東京から近いのもあって、撮影などにはうってつけなのかもしれない。 「最近どう? 将来の夢とか進路、何か思いついた?」 「……やめて下さいよ。まるで、親戚のおばさんと会ってるみたいじゃないですか」 「あっ、ひどーいサトくん」  明美が冗談めかした抗議の声を上げてくる。 「こーんな若い子捕まえておばさんだなんて」 「僕の方がもっと若いですもん」  聡流は明美と一緒に笑いつつも、どうにか話題を進路などから遠ざけることに成功できて、内心ホッとしていた。正直あまり触れてほしい話題ではない。 「明美さんこそ最近何やってたんですか。会うの、本当に久々ですよね」  畳みかけるように即、別の話題を提供する。 「凶悪犯でも追ってたんですか」 「代わり映えしないよー、警察の仕事なんて。同じところ見回りして、同じような書類書いて……交番勤めだと特にそう。起きたところで酔っ払いの喧嘩とか、置き引きとか」 「じゃあ、僕んちのことで出動するのって案外、いいアクセントだったんですかね」 「先輩とかは毎回うんざりしてたけどね」  またしても二人は笑い合う。何であれ共通の話題があるというのはいい。  明美はゆっくりカップを持ちあげると、顔を近づけてそっと香りを堪能していた。 「ここのコーヒーさ……今までと比べて、すっごくいい香りしてると思わない?」 「えっ、そうですかね」 「サトくんもさ、嗅いでみなよ」  聡流は言われた通りにしてみる。が、芳ばしいという点以外は、正直よく分からない。 「ね、どうかな?」 「……そうですね、確かにちょっといい香りしますね、いつもに比べて」  取り敢えず話を合わせることにしてみたのだが、それはたちまち見破られた。 「ふーん……具体的にどの辺が?」 「え? えーっと、あの……」 「サトくんの嘘つきー、全然分かってないじゃん。何が大人よ」 「ううっ……」  からかうような口調で言われてしまい、聡流は恥ずかしさから肩をすぼめてしまう。 「ま、そういう私もよく分かんないんだけどね」 「何なんですか、もう……冗談よして下さいよ」 「ごめんごめん、ついからかってみたくなっちゃって」 「性質悪い人だなぁ……」  聡流は憮然とした顔でコーヒーを飲み続ける。  だが確かに以前……というか、それこそ明美と出会ったばかりの頃に比べれば、この香りを楽しめるようになってきたのも事実だ。当時はこうした匂いを嗅いだところで正直、タバコのヤニっぽくて嫌だな、程度にしか思わなかったのだから。  どうも必要以上に自分は子供扱いされているのではないか。そう思うと聡流は、唐突に少し意地悪をしたくなった。 「……ところで、こないだ話してた男の人って彼氏さんなんですか」  むせ返りそうになる明美を前にしても、聡流は机に目を落としてそ知らぬ素振りをする。 「えっ……え、いつの話!?」 「駅前で、高校生ぐらいの人と話してましたよね……随分親しそうでしたけど」 「違うからね!? あの子はよく深夜徘徊で補導されてるから、早く帰りなさいよって注意しただけであって」 「へー、そうなんですか」 「信じてないでしょ」  ワザとらしく口を尖らせてみると、思いのほか効果的であった。 「……あのね、確かに君ぐらいの男の子と接する機会は多いよ、警察官だもん。だけどこんな風に一緒に出掛けたりするの、君以外には誰もいないから」 「……へー、そうなんですか」  正直ちょっと、いやかなり嬉しいのを誤魔化しつつ、聡流は目を逸らす。 「悪いお巡りさんですね」 「誰かさんのせい!」  いーっと明美は舌を出して見せた。 「……サトくんさ、前より明るくなったのはいいけど、生意気になったんじゃない?」 「誰かさんのせいです」  それからしばらく、どちらも無言になる時間があった。  だがそれも長くは持たなくて、やがて彼らは、どちらからともなくクスクスと笑い出した。お互いに軽くコーヒーをすすり、窓の外を眺めるだけの至福の数分間。  明美だけがその間、微かに息を整えるようにしていたのに聡流は気付かなかった。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!