虹の石

8/8
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/15
「イリスッ!!」 噴き出ていた光の壁は消え、テアがイリスに駆け寄る。横たわる体を抱き上げながら呪文を何度も唱える。 「イリス……イリスお願いっ……息をして────」 視界がじわりと滲んで、僕の耳から音が消えていく。 この声は何かを伝えるためにあるんじゃない。 呪文を唱えるためだけに、あったんだ。 この手は未来を掴むためにあるんじゃない。 この瞬間、イリスが命をかけた、虹の石を掴むためだけにあったんだ。 足はただ無心で歩を進め、イリスの側に転がる赤い石を拾いあげた。 サミが垂れ下がったイリスの白い手を握りしめ、生ぬるい夜風が虚しく赤い髪を撫でた。 「行こう……」 見上げた空はまだ穏やかな星空で、儚い鈴の音に混じり、彼女の最期の祈りが聴こえた。 ──In manus tuas commendo spiritum meum(あなたに私の魂を委ねる) 「僕が街を転移させる」 例えこの命が……消えるとしても。
/15

最初のコメントを投稿しよう!