絡新婦《じょろうぐも》

【第2回 竹書房 最恐小説大賞】(優秀作品)

Gacy

ホラー 完結
3時間59分 (143,354文字)

131 3,729

あらすじ

幼い頃に父親を亡くし、叔父の世話になりながら女として扱われる結菜。 壊れた精神《こころ》と身体《からだ》が結菜の意思とは無関係に周りの者たちに「死」を招いていく。 最後まで完全な破壊を望み、そして絶望

感想・レビュー 3

まだ1ページしか読んでませんが

面白いです、文章力高すぎー、上手いー、 読んでる時のイメージがミュシャの四季(の乙女)とエゴン・シーレの裸婦像が同時に浮かびました。 スターを頂いた作品のテーマが二律背反なので、変な感想でスミマセ
1件1件

失うことに対する悲しみがつねにある……

※このコメントにはネタバレを含みます
1件1件

面白かった

途中でもうハッピーエンドで終わりじゃない?と思いましたが、ここからが本番と言う感じで二転三転して行きました。 狂気を見事に描いており、登場人物の思考回路などが、わたしには全く理解出来ませんでした。それ
1件3件

この作者の作品

もっと見る