水曜日 午後7時に

言葉にさえできれば、俺はまた会えたのだろうか

10 24

恋愛 完結
5分 (2,694文字)
初投稿です! よろしくお願いします!

あらすじ

あの子は、地味で、仕事に追われて、 それでいて可愛かった。 水曜日の午後7時に描かれた、 「俺」と「あの子」の、近くて遠い優しさの物語。 ※妄想コンテスト「あの子がいなくなった」参加作品です。

読者の感情

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/8/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る