籠の鳥は雪解けを待つ

女は魔女である。 圧政を敷いた愚王の息女にして、妖術をあやつる魔女だと噂されている。

4 7

12分 (6,749文字)

あらすじ

ある冬の日に、圧政を敷いた王が弑逆された。 氷の魔女と称される冷徹な王女は、城の一角に隔離され、他国の兵士に見張られながら、過ごしている。 閉ざされた小さな部屋。 魔女の持ち物は、美しく豪奢な椅子。

読者の感情

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

雰囲気が大好きです…!

素敵な、好みの作品を読めて本当に嬉しいです。他の作品も読みますね! (とてもお節介な意見です。不快でしたら、無視していただいて構わないです) もしかしたら、カテゴリーを再考したらもっとたくさんの方に

その他情報

公開日 2019/8/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る