月が見てる。

月夜の晩、声を掛けてきたのは不気味な占い師。「あんた死ぬよ」その言葉には根拠があった。ちょっとホラーなヒューマンドラマ。

9 533

8分 (4,207文字)
後悔先に立たず、覆水盆に返らず的な……兎に角、やらかしちゃった人生あ〜あ

あらすじ

「死ぬよ」突然暗がりから、嗄れた声を掛けてきたのは、毎夜ここで商売をしている占い師の老婆。月明かりの下に見える姿は人間よりかは何かしらの妖怪に近い。何故か妖怪占い師に夜な夜な絡まれちゃう私。ある意味ホ

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

妖艶な月明かり

 お邪魔しました。場末の酒場のホステスさん。なんだかんだで占いの婆さんに惹かれていく月の夜が素敵でした。歳と体には勝てないホステスという生業が生々しく描かれています。文章も読み易く酒場の路地に惹きこま

その他情報

公開日 2019/8/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る