1:海辺にて罵りあい

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/106ページ

1:海辺にて罵りあい

 見渡す限り広がる白い砂浜。  透明度の高いマリンブルーの海。  てっぺんに鮮やかな緑色の葉を茂らせる背の高い椰子の木。  澄み切った青い空。そこに浮かぶふわふわとした白い雲。  そんなリゾート地としか思えないロケーションのなか、三人の男たちが、なにやら揉めていた。 「どうせ、こんなことになるんじゃないかと思っていたんですよ!」 と、コータロー(御年二十八歳)は言った。 「あなた方に応援を求めるなど、なんたる失態・・・。私ともあろうものが、愚の骨頂も甚だしい」  コータローは、切れ長の眼を閉じると、グレーレンズの入ったサングラスを外し、嘆かわしそうに眉間に指を当てた。  それを聞いて、ユタカ(御年二十六歳)が怒鳴った。 「なんだと! 人に頼みごとをしておいて、そんな言い方あるか!」  茶色く染めた髪をお団子にして結っていたのだが、ここに至るまでの過程で髪は既に乱れていた。さらにその髪を振り乱して、ユタカはコータローに詰め寄った。 「だいたい、てめえがあんなこと言い出さなきゃ、俺もタッペイもこんな目に合ってねえんだよ! この疫病神がっ!」  ユタカは、歯茎を露わにしながら、コータローの鼻先に人差し指を突き付けた。  
/106ページ

最初のコメントを投稿しよう!