空を描くこども

あの子がくれたのは、何にも変えられない贈り物。

3 20

11分 (6,316文字)
綺麗なものには、きっと、誰かの願いがこめられている。

あらすじ

 私の前に突然現れた、不思議な男の子。    「―――ねぇ、だったら銀行強盗でもやろうよ」  気付くと私はそう言っていた。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/8/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る