ドライブ・スポット

4/4
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
片方の目が潰れた顔……。 それが写真に写り込んでいる、と横田は言っていた。 そんな、バカな。 それは、あの女の死に様ではないか。 いや、横田は事件の報道か何かでその死に様を知っているんじゃないか。 見聞きした情報を取り入れた嘘をついて、俺たちを驚かせようとしているだけかもしれない。 「ちょっと……見せてみろよ」 スマホを借りると、俺は写真を覗き込んだ。 男3人の背景に目を見やる。 親子が轢かれた道だ。 轢いたのは……。 じっくり目を凝らし確認するも、ただの薄暗い道だ。 女の幽霊の姿など見当たらない。 「なんだよ、嘘つくなよ横田。 女なんて写ってないじゃん。驚かせるなよ」 「女? 女って何だ。女がいるなんて言ってないだろ。 ここだよ、この顔を見てみろ」 「は?」 横田が指差す箇所に俺は目をやった。 指し示されたのは、俺の顔だ。 そんなはずはない、俺の顔。 その顔は片目が抉られ、空いた穴から血が滴り落ちていた。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!