水の中で生きる姫にかけられた月の魔法は、海へととける

お互い惹かれ合いながらも、音で通じあえない日々。その先に待つものとは…

18 142

12分 (6,926文字)

あらすじ

彼の声は彼女に届かない。彼女の声もまた、彼に届くことはない。 音で通じ合えないモノ達はそれでも惹かれ合う。 水が穏やかに揺れるような優しい時間は、一つの出来事をキッカケに荒波へと変化する。

感想・レビュー 2

気持ちのいいくらい素敵なお話し。

大切に想う存在に人も動物も関係ないんですよね(*^^*) 人の価値観を根本的に覆す素敵なお話しでした! ユキトさんの文章には読者を励ますような不思議な力があると思います。 読者の思考を擽る、隣に寄り添

私も姫のような子に出会いたい…!!

毎日の何気ない日常の中ですり減っていく心に、本当に大切なことは何なのかを教えてくれます。 そして教えてもらったこと、気づくことが出来たことを、ちゃんと心に持ち続けて進めば、決して何かが「足りない」なん

その他情報

公開日 2019/8/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る