分身・ゴースト・ガール

書けなくなった小説家に取り憑いたのは、少女の生霊

5 19

14分 (7953文字)

あらすじ

ブランクのある小説家の織田壱は、気が付くと、公園で女と折り重なって倒れていた。 どうしてそうなったのか、記憶がない。 女は慌てて去っていき、織田もまた自宅に戻るが、いきなり幻聴が聞こえ始める。 「彼女

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る