公園で

1/2
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/2
 ある晴れた火曜日、この児童公園には子供の声が(あふ)れていた。そんな中、彼らが来る前から無言でベンチに座っている男がいた。彼は隣にビジネスバッグを置き、自身は小綺麗なスーツで身を包み、少し茶色がかったレンズの太ぶち眼鏡をかけている。前屈みで自分の足に両肘を立て、両手の親指で顎を支えるようにして顔の前で掌を合わせた姿勢のまま一点を見つめていた。  公園の様子は常に変化していた。子供たちは常に遊具の上や間を駆け回り、楽しそうに声をあげている。遊び回っているのは同じ子達ではない。皆一時間ほど遊ぶと家に帰っていってしまう。子供たちはひっきりなしに公園を出入りし、明るい声が絶えることはなかった。しかし、その公園の中でスーツの男の周りは時間が止まってるように静かだった。彼の近くでは落ちている木の葉でさえ、動くのをためらっているように見えた。  午後2時を回った頃、彼の足元にボールが転がってきた。ボール遊びをしていた子供の一人が取り損なったのだ。それに気がついた男は眼鏡を直し、それを拾い上げた。 「はい。どうぞ。」 駆け寄ってきた子供にボールを渡しながら男は言った。 「ありがとう。」 子供は、物言いたげな様子で男を見つめ、去ろうとしない。男は笑顔のまま子供が言葉を発するのを根気よく待っていた。 「そんな格好で何してるの?」 もじもじしていた子供はやっと口を開いた。無神経な訳ではないのだろう。不躾(ぶしつけ)な問いとは分かっていても好奇心には抗えない。 「うん。ちょっとね。」 男は、少しばつの悪いようにも照れている様にも見える中途半端な顔をして言葉を(にご)した。 子供がまた口を開きかけたちょうどその時、母親だろうか、若い女性が慌てた様子で駆け寄ってきた。 「すみません。ほら、行くよ。お邪魔しちゃ駄目でしょ。」 と彼女は子供に注意しながら去っていった。子供は途中で一度振り返り、男に手を振った。それに気がついた母親も振り返って丁寧に会釈(えしゃく)をする。男の緊張は解け、笑顔で会釈(えしゃく)を返した。最近は子供と下手に話していると通報されかねない。男は安堵(あんど)の息をついて眼鏡を直し、顔の前で手を合わせた。再び彼の周りは動きを止めた。
/2

最初のコメントを投稿しよう!