花のお江戸の陰間茶屋

時代小説です。華やかな男娼の世界で生きる少年たちの物語。

森 衣鶴

BL 完結 過激表現
2時間43分 (97,576文字)

103 655

あらすじ

江戸時代。 弥太郎はとある花街の陰間茶屋に売られ、薫と名を改める。 花魁として名を馳せた母譲りの美貌で男性たちを虜にしていくが、それが波乱の幕開けだった。 男娼の世界の恋愛、友情、嫉妬、いじめな

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/8/25