1. 夏

1/1
166人が本棚に入れています
本棚に追加
/130ページ

1. 夏

「はあ…疲れた。」 ぼそっと呟いた言葉は夜空に虚しく響き渡る。 ジーッとよくわからない虫の声と風が葉を揺らす音、たまに通るバイクのエンジン音しか聞こえないこの小さな公園のベンチに座って早1時間。 何やってんだろ、ほんと。 先程コンビニで買い込んできた3本の缶ビールも無くなりかけている。 「はあ…」 またため息をこぼして、ぐっと空を見上げるとよく晴れた夜空にはまばらに星が瞬いていた。視力だけは良いんだよね。見たくないものまで見てしまうこともあるけど。 何も考えたくなくて耳にイヤホンを挿す。好きなアーティストの最新曲であるR&Bを再生して目をつむったまま歌う。 ロマンチックな歌詞はくすぐったいけど音が良いからあまり気にならない。 ああ、こんな素敵な彼氏の一人や二人いたらこうして公園で酔っ払うことも熱唱することも無くなるんだろうな。 一曲歌いきって虚しくなったところで目を開けると、コンビニの袋を下げて、マスクをして黒のキャップを目深にかぶった男の人が私の目の前に棒立ちしていた。 少し怖くてイヤホンを外しながら携帯を握りしめる。 「…な、なんですか?」 「いや、それ俺のセリフだわ。」 「は…?」 意味がわからなくてぽかんとしていたらその人は邪魔、とだけ呟いて私の隣に座った。 私なんて存在しないかのように彼は自然と袋の中から缶ビールを取り出して、爽やかな音を立ててプルタブを引いた。 …あら、お仲間かしら。 「この公園、いいですよね。」 「あんたいつまでここにいんの。」 「さあ。帰りたくなくて。」 「そう。」 本当に興味が無いのだろう。そう、とだけ返してくれた彼はまた缶に口をつけた。 マスクをずらして携帯を見ながらビールを飲む彼をよく見てみるとイケメンだった。 あれ、どこかで見たことあるような…気のせいか。 私も手に持っていた缶を傾けるけど、中身は無くなってしまったようだ。ため息と共に握りつぶして袋に放り込む。 「お、来たか。」 少し上がった声色にちらりと横目で見てみると、彼はしゃがみこんでうりうりと子猫を撫で回していた。 「猫だ…」 可愛さのあまり後ろから覗きこむけど私の声など聞こえていないよう。 袋の中にあった猫缶を開けてその子の前に置いた。 …なんだ、怖い人だと思ってたけど優しいところもあるんじゃない。 ふふっと笑ってその光景を眺めていたら、振り返った彼に睨まれた。前言撤回。 「こいつは俺が見つけたんだからな。」 「え、なに、私がその子持って帰るとでも?」 「違うの?」 「まさか。うちペット禁止だし。ね、触ってもいい?」 酔っ払いとは怖いものである。子猫1匹で先程会ったばかりの赤の他人とこんなにも盛り上がれるのだから。 「名前は?」 「ねこ。」 「それはあんまりじゃない?ネーミングセンスゼロね。可哀想。」 「じゃあ何。」 「んー…ハチワレだからハチ。」 「…あんたに言われたくないね。」 顔を合わせて笑ったらふと我に帰ったのか、彼が気まずそうに咳払いした。 「…名前は?」 「だから、ハチ。」 「そうじゃなくて、あんたの。」 「私?夏…です。あなたは?」 「……りょうた。」 「なに、今の間は。」 なんでも、と俯いた彼はまたマスクをしっかりとつけて立ち上がった。足元のハチはにゃあ、と鳴いて彼の足元に擦り寄る。 「また明日も来る?」 「んー、どうだろ。残業次第。」 「10時ね。」 「人の話聞いてた?」 「なんか分かんないけど、あんたとならいい友達になれそうな気がする。」 「なにそれ。ていうか、あんたじゃなくて、」 「夏、でしょ?」 久しぶりに誰かに名前を呼ばれて、耳に心地良いと感じた。 狼狽えていると私に背を向けた彼は振り返ることなく公園を出て行った。 「何あれ……」 主人を見失ったハチはまたどこかへ走って行ってしまった。取り残された私はただ棒立ちするのだった。
/130ページ

最初のコメントを投稿しよう!