零 ―Zero― 第4節 死が二人を結ぶまで(3)

いつか終わる。それが『今』だと決めるのは自分。

2 8

24分 (14,249文字)
連作短編『零 ―Zero―』もいよいよ大詰め。これにて終了です。

あらすじ

 明らかになったアイリの過去と会員証の行方。アスタナは再び見えない物を探すことになり頭を抱える。禍を転じて福と為せるか? 師匠のルティアに託した碑文の中身と魔剣が生まれたその理由。シリーズ完結編。

キャラクター

タグは登録されていません

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/25

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る