娘とわたし

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

娘とわたし

カステラを持って、あいつの家に行く。 あいつ、高田は甘いものが嫌いなのに、カステラだけはよく食べる。 右手に土産の袋を下げ、左手で幼い娘の手を引いた。 高田の家までは早足で十五分。娘と歩くなら、二十分はかかる。 娘のふたつに結った髪が、歩く度に揺れた。毎朝、妻が娘の髪を束ねようとすれば、「赤いリボンをつけてね」と駄々をこねる。 まだ四歳なのに、おしゃれさんだ。 「お父さん。そのカステラ、あたしも食べていいの?」 「ああ、みんなで食べようね」 娘は十歩、歩くごとにカステラのことを尋ねる。 高田のためと思って買っていたカステラは、娘の好物にもなった。 高田の妻がいた頃、彼の家の日曜のおやつはホットケーキだった。
/5

最初のコメントを投稿しよう!