ホットケーキ-日曜の菓子-

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

ホットケーキ-日曜の菓子-

うまそうに食べる自分の息子の横で、「カステラがいいのに」と高田はよく呟いていた。 メープルシロップがかかっていないところだけを食べて、残りは息子にやっていた。 五歳児が二人前の菓子を食べられるわけがない。 残り物は、家を訪れていた私にまわってくる。 「仕方ない」と言いながら、私は食べる。 高田が口をつけた分も、高田の息子が食べ残した分も、高田の妻が私のために用意した分も、私が食べてきた。 いつも私の腹は満たされていた。 独り者の私には、ありがたいごちそうだった。 横で昼寝をする高田を見ながら、私はホットケーキを食べる。 午後の日差しを受けると高田の色白い肌は、いっそう際立つ。 若々しくて、一児の父には見えない。 彼は、私と出会った十五の頃から変わっていないのではないか。 ホットケーキを咀嚼しながら、私は高田の寝顔を見つめていた。 気づけば、自分の唇を舐めていた。 あまったるいメープルシロップのせいだと、私は言い聞かせた。 何の感情でもない。
/5

最初のコメントを投稿しよう!