高田の人生

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

高田の人生

高田は十九歳で学生結婚、翌年には子宝に恵まれた。 同級生からは「早撃ち」とひやかされたが、高田は所帯を持ったことを誇らしげに語っていた。 「子供は、日を追うごとにかわいくなるんだ。成長を見守る家内も笑顔が美しくなっていく」 おおげさだと笑う連中に、高田は微笑んだ。 「君たちも、家庭を持てばわかることさ」 私たちの知らないことを、高田は知っている。 彼は人より先を歩いていた。 同い年の我らは、彼と同じところにはいない。共感はされなくても、彼はひたすら歩いていく。 歩きすぎてしまった。 高田は四十歳で、妻を失った。 「もうひとり子供が欲しい、まだ諦めていない」 彼の口癖だった。 高田の妻は、願いを叶えた。 命をかけて、叶えてくれた。
/5

最初のコメントを投稿しよう!