わたしの想い

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

わたしの想い

通夜では、高田の息子が赤ん坊を抱いていた。 「弟です」 「君の幼い頃に似ているね」 私がそう答えると、彼は笑おうとした。けれど、うまくできずに肩を震わせていた。 高田は、私たちの会話を黙って聞いていた。息子に背を追い越された高田が、やけに小さく見えた。 僧侶がお経をあげる間、私は前に座る高田の後頭部を見ていた。薄くなった彼の頭を見て、彼も年を取ったんだなと思った。 もう、先を歩かないでくれ。 家庭を持ったばかりの私には、愛する人を失ったおまえの気持ちをわかってやれない。 愛しい人がいなくなったときの本当の怖さを、私はまだ知らない。
/5

最初のコメントを投稿しよう!