カステラ-日曜の菓子-

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

カステラ-日曜の菓子-

あの日以来、日曜の午後になると私は商店街でカステラを買う。 大きいカステラだが、高田の家には食べ盛りの長男がいる。余ることはない。 「カステラ、優ちゃんもいっしょに食べるの?」 娘は、いつも高田の次男の名前を口にする。高田の家で「優ちゃんを抱っこしたい」と言って、私たちを困らせる。 「優くんはまだ無理だな。歯が生えたらね」 「早く食べられるといいね」 「ああ、すぐに食べられるようになるさ」 あの角を曲がれば、高田の家はもうすぐだ。
/5

最初のコメントを投稿しよう!