スクランブル交差点

6/6
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
「來未、無理するな」 「はーい」 結婚式を終え、1年が過ぎるころ。 ベランダで洗濯物を干す私のお腹には、新しい命が宿っている。 パンパンとよく皺を伸ばして 干し終わった洗濯物は、お日様の光の中、はためいてーー 「いい風が吹くなあ」 額の汗を左手の甲で拭う。 左手の甲の黒い痣を見つめる。 ーー何か。 大事なことがあった… 「來未?大丈夫か」 優人が窓から顔を出す。 「うん」 にこっと笑うと、にこっと笑う。優人はそんな暖かい人だ。 彼と結婚出来て、幸せだ。 ーー何か。 一瞬、脳裏に何かがよぎった。 …わからない。 「お茶淹れるぞ」 「うん、ありがとう」 私は洗濯物をもう一度見て、空を見てーー 何故か空に向かって笑って…家の中に入った。 【終わり】
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!